ニュース

2016.12.20 冬休み 英語の部屋を開催します。
陸前高田市高田一中で今年度3回目となる特別企画 英語の部屋を開催します。
この企画は、アメリカJETプログラムの支援や寄付をもとに、英語検定料の補助を継続しています
今回は、クリスマスの今月25日、そして年明け1月8日の2回です。
2016.12.13 中学生を対象とした大学生との交流ツアーを企画しました。
普段、お兄さん・お姉さん的存在として学習会をバックアップしてくれている大学生が通う大学って
どんなところなのか、どんな勉強や活動をしているのだろう~そんな中学生の夢膨らむツアーを企画しました。
今月10日(土)は、岩手県立大学、17日(土)は岩手医科大学矢巾キャンパスで実施します。
子ども達の新たな目標を明確にできる1日となります。
2016.12.10 学びの部屋に携わる学習支援相談員の研修会を行います。
陸前高田市、大船渡市、住田町の学びの部屋を盛り立ててくださっている学習支援相談員の
研修会を行います。
12月16日(金)午後2時半~@高田大隅つどいの丘商店街の会議室です。
現状の確認と来年度について、活発な議論となりそうです。
2016.12.01 岩手県のコミュニティ復興支援事業に関する第二回評価・検証委員会を開催します。
今月14日(水)午後1時~、釜石市教育会館で行われます。
これは、丸5年を迎えた学びの部屋実施が、子ども達にどのような効果をもたらしているのかについて、
アンケート調査などをもとにデータで表し、関係者の方々に評価、検証していただきます。
アンケートでは、何分集中できたか、目標をもって臨めたかなどの項目を設置し、会場ごとの傾向を可視化しました。
この結果は、当HP上でも今後公開いたします。
2016.11.18 子ども支援サポーター養成研修会を開催します。
内陸の学習支援に参加している大学生を中心とした研修会です。
小中学生を対象とした学習支援では、年齢が近く“お兄さん、お姉さん”的存在となる
大学生の関与が、子どもたちの新たな居場所となっています。
11月18日(金)午後6時半~@アイーナで開催です。
2016.10.18  「よかましきハウス」の関係者の皆さまへ。
熊本地震発災後、6月から被災者交流の居場所として開設した「よかましきハウス」では、3ヶ月間で
4000名の皆さまにご利用いただきました。この場を借りて、ボランティア活動に関わってくださった皆様、
支援者の皆さま、心より感謝申し上げます。今後は、「よかましきプロジェクト」を検討し、住民の皆さまの
復興の歩みを応援して参る所存です。今後とも、温かいご支援ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
2016.10.08 熊本県益城町で運営支援を行った「よかましきハウス」が活動終了しました。
当団体では、熊本地震発災後、代表理事を始め職員一同、熊本県益城町に入り、被災された皆さまの
コミュニティ支援として熊本YMCAの皆さまとともに避難所運営や交流の場の創設などを行ってきました。
このたび、被災された皆さまが避難所から仮設住宅へ移動されたことを受け、9月17日に活動を終了いたしました。
2016.10.05 9月18日付の熊本日日新聞に掲載されました。
イーパッチでは、熊本地震の避難所に隣接した集会所「よかましきハウス」での活動運営支援を行ってきました。
よかましきハウスは、子どもたちの学習支援の場や避難者の憩いの場として活用されていました。
その様子とともに、よかましきハウス閉鎖のニュースとして取り上げていただきました。
2016.09.30 英語の部屋を開催します。
今回の英語の部屋では、一関市で英語塾講師を務める方が教えてくださいます。
日程は、9月25日(日)と10月2日(日)の午前午後の3時間、集中的に実施します。
今回は、3級以上受験者用コースと、4級5級受験者用コースに分けて行います。
場所は、陸前高田市立第一中学校です。
2016.09.08 岩手県東日本大震災復興委員会に出席します。
女性参画推進を目的とした岩手県東日本大震災 復興委員会 女性参画推進
専門委員会のメンバーに、当団体の木村由佳梨が選ばれました。
9(金)には、釜石市や大槌町での現地調査を行い、復興実施計画策定に反映させます。
2016.09.05 チャイルドライン公開講演会のお知らせ 
子ども対象の電話相談を受け付けている「チャイルドラインいわて」では、次の講演会を行います。
 いじめ対策最前線~いじめ問題で大人ができること~ 講師:須永祐慈氏
 9月10日(土)午後2時~ 岩手大学農学部キャンパス 北講義棟
2016.09.04 台風10号の影響について 
岩手県沿岸部を中心に大きな被害をもたらした台風10号で、学びの部屋が開かれている
陸前高田市、住田町、大船渡市、釜石市、宮古市では、当日学びの部屋を休止しました。
学びの部屋に通っている生徒などにも被害はなかったものの、岩泉町では、甚大な被害が出ています。
先日、当団体の理事も岩泉町へ入り、状況確認などを行いました。
今後、新たな情報、対応等ありましたら、発信してまいります。
2016.08.30 東大生・早大生による3daysプログラムが始まります。
恒例かつ学びの部屋の中学生に大人気の3日間、大学生が寄り添う3daysプログラムが、行われます。
第1期 9月6日(火)~8日(木) 午後6時45分~午後8時45分
第2期 9月13日(火)~15日(木) 午後6時45分~午後8時45分
会場は、陸前高田市内3か所の学びの部屋です。参加は、事前の申し込みが必要です。
2016.08.02 グルージャ盛岡の森川龍誠さんが再び学びの部屋に!
昨年度まで宮古市での学びの部屋の学習支援相談員として子ども達に寄り添ってくださっていた
グルージャ盛岡の森川龍誠さんが、この夏、再び学びの部屋の支援としてきます。
森川さんは、今月4(木)、11(木)、18(木)高田一中の予定です。
2016.08.01 赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金・九州」が助成決定しました。
このたび、熊本県益城町でのコミュニティ支援事業に関し、中央共同募金会の赤い羽根より助成を受けることとなりました。
熊本地震で甚大な被害を受けた益城町で元気を発信できる「よかましきハウス」運営支援事業に活用します。
http://www.akaihane.or.jp/topics/detail/id/418/
2016.07.21 学習支援ならびにコミュニティ支援の評価・検証委員会を実施します。
平成28年度 仮設住宅の再編に係る子どもの学習支援によるコミュニティ復興支援事業に関する
表か・検証委員会をこのたび設置いたします。東日本大震災から6年目ですが、仮設住宅での生活者は
依然多く、学習環境が整わない中、子ども達は、日々過ごしています。
そこで、子ども達の学習環境のあり方を改めて考える事を前提に、目標設定や効果測定を行い
より効果的事業を実施してまいります。
第1回目は、8月4日(木)午後1時~ 住田町で行います。岩手県担当者や学びの部屋の学習支援員、
沿岸各地の行政担当者などが対象です。
2016.07.20 内陸5町での学習支援サポーターの研修会を実施します。
学習支援及び悩み相談等プログラムでは、現在盛岡周辺5町で子ども達への学習支援を実施しています。
そのサポーターをしてくださる大学生向けの研修会です。今回は、岩手医科大学の生徒が対象です。
8月4日(木)午後6時半~ アイーナ6階 団体活動室2
2016.07.13 昨年度の活動報告書がHPよりご覧いただけます。
当団体発足のきっかけでもある沿岸被災地で行われている「学びの部屋」、そして
盛岡周辺5町で実施している「学習支援及び悩み相談プロジェクト」に関する報告書を
HPから見ることができます。
「イーパッチとは」の項目をクリックすると左の欄にこれまでの報告書とともに見ることが可能です。
2016.07.06 岩手県女性参画推進専門委員会の委員に選出されました。
このたび、当団体のプロジェクトリーダーであり総務企画課長の木村由佳梨が、
東日本大震災津波復興委員会 女性参画推進専門委員会の委員に選ばれました。
第一回会議となる今月15日(金)午後2時からの会議では、子どもに携わる女性視点で、
様々な提案をさせていただきます。
2016.07.05 岩手県主催・子どもの貧困対策推進計画出前講座で取り組みを説明します。
盛岡振興局管内5つの町で子育て支援に携わる方を対象に、岩手県が主催する子どもの貧困対策推進出前講座が
開かれることになりました。この講座の中で、当団体の取組についてご紹介させていただきます。
今月12日(火)午後2時~4時です
2016.07.01 熊本地震を受けて、熊本県での活動が本格的に始動します。
当団体は、東日本大震災後に被災地の子ども達の居場所づくりなどを目的に始まりました。
今年大規模災害が発生した熊本県でも、今、子ども達のケアの在り方が問われています。
このたび、熊本県立大学などと連携し、災害時の環境における子どもたちの見えにくいサインや
子ども達との向き合い方についての研修会を実施することになりました。
7月17日(日)午前10時~午後4時 熊本県立大学 CPDセンターにて行います。
対象は、高等教育機関の学生や子どもに関わる仕事をしている方、子育て中の方です。
問い合わせは、こちらまでお願いします。 cm2016_kumamoto@yahoo.co.jp
“コミュニティ支援力養成研修会”
2016.06.15 東京大学より寄贈図書を頂きました 。
陸前高田市での学びの部屋などで全面協力をいただいている東京大学より、英語や理科などの
参考書の寄贈図書を頂きました。これは、昨年8月に東京大学五神総長が視察に訪れた際、
被災地に書店が少ないことや、図書館に参考書などがあまり置かれていない現状をご覧いただいたことが
このたびの寄贈につながりました。
2016.06.10 映画「きみはいい子」上映に伴い寄付金をいただきました。
2月28日に盛岡市内で上映された映画「きみはいい子」で、前売り券の売り上げの一部を
当団体に寄付という形で頂戴いたしました。
この場を借りて、有難うございました。
2016.05.17 「英語の部屋」を開催します。
沿岸の学びの部屋で不定期に開催している「学びの部屋」を来月実施します。
実施日は、6月4日(土)5日(日)高田一中にておこないます。
参加希望者は、事前の申し込みが必要です(締切今月20日(金))。 詳しくは、各会場の学習支援相談員にご相談ください。
2016.05.13 大学生の学習支援サポーターを募集しています。
沿岸の学びの部屋、並びに、盛岡周辺5町で実施している学習支援で、中学生を中心とした子ども達に、
“お姉さん・お兄さん”の立場で勉強を教えたり、悩み相談に応じてくださるサポーターを募集しています。
内陸の学習支援サポーター説明会は、今月18日(水)岩手県立大学 共通講義棟209
今月16日(月)岩手大学教育学部 総合教育研究棟E-28 いずれも時間は、12:20~12:50です。
沿岸の学びの部屋サポーター説明会は、今月31日(火)岩手県立大学 共通講義棟209
6月1日(水)岩手大学教育学部 総合教育研究棟E-28 いずれも時間は、12:20~12:50です。
興味のある大学生の皆さん、まずは説明会に参加してみませんか。
2016.05.10 気仙地区支援員研修会を行います。
沿岸で開催中の学びの部屋で、子ども達に寄り添ってくださっている学習支援相談員の皆さまと、
情報共有や今年度の学びの部屋のあり方について、また熊本地震における情報共有などを行います。
今月13(金)午後2時~4時。陸前高田街づくり協働センターです。
2016.04.25 GW期間中の学びの部屋についてです。
4月30日(土)~5月5日(木)まで、沿岸で開催中の学びの部屋は、お休みとなります。
5月6日(金)は、陸前高田市内の学びの部屋は、休止ですが、住田町での学びの部屋は、開催します。
5月7日(日)以降は、通常通りとなります。
2016.04.23 NHK「あさイチ」に出演しました。
熊本地震発生を受けて、当団体代表理事の山本克彦が、NHK「あさイチ」に出演いたしました。
内容は、高齢者や障害者そのご家族などの避難生活についてです。
(放送は、4月22日(金)午前8時15分~)
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/
2016.04.19 熊本地震発生に伴い、当団体スタッフも現地にて支援活動中です。
熊本地震で被災された皆さまにお見舞い申し上げます。
E-Pa+chの理事2名は、現在熊本入りし、現地の被害状況と支援のあり方を検討しています。
また、若者の力を災害支援につなぐしくみづくりを模索中です。
詳しい情報は、当団体FB、または、代表理事・山本克彦のFBにて情報発信してまいります。
2016.04.10 岩手県立大学広報誌に掲載されました。
岩手県立大学では、東日本大震災後の現地復興に多角的な参画を継続しています。
大学の広報誌「季刊 IPUアクション!」で、このたび当団体の活動の様子を
紹介していただきました。
IPUアクション67
2016.04.09 内陸5町での学習支援に関する運営協議会を実施します。
盛岡周辺の5つの町で実施している生活困窮世帯を対象にした学習支援は、今年度も
継続することが決定いたしました。
4月13日(水)午後5時から、盛岡広域振興局にて、今年度より発展的な支援を行うための
運営協議会を実施します。
2016.04.01 平成28年度の地域コミュニティに関する国庫委託事業が受託されました。
沿岸被災地の学びの部屋継続につながる「学びを通じた被災地地域コミュニティ再生支援事業」が、
今年度より名称が変更となり、「仮設住宅の再編等による子どもの学習支援によるコミュニティ
復興支援事業」として、新年度も受託されることとなりました。
震災から6年目に入り、子ども達の環境も大きく変化していますが、イーパッチは変わらず支援を継続していきます。
2016.03.31 子育て電話相談事業「ママパパラインいわて」終了のお知らせです。
子育て中の方の悩みに無料で相談に応じる「ママパパラインいわて」は、2013年2月に開始し、
およそ3年に渡り、全国から寄せられる電話からの相談に応じてきました。
このたび、2016年3月末をもって、終了とさせていただくこととなりました。
これまで支援してくださった方へ、心より御礼申し上げます。
2016.03.20 学習支援及び悩み相談等プログラムの運営協議会を実施しました。
12日(土)に実施したサポーターとの研修会に続き、情報共有や来年度の実施に向けた
運営協議会が、17日(木)午後5時から盛岡広域振興局で開かれました。
2016.03.13 盛岡周辺5町で実施している学習会の振り返りを行いました。
今月12日(土)に当団体の事務所にて、内陸学習会に関わっているサポーターと研修会を実施しました。
この中で、子ども達を支援するサポーターから次のような声が寄せられました。
・参加する子どもにとって居心地の良い場所になりつつある一方、家に帰りたがらない子もいる
・母子家庭の子が多く、特定の人との関わりに限定されていた子どもとのコミュニケーションが増えた
・表彰を受けられる機会を作ることで、子どもたちの自己肯定感につなげたい
来年度も引き続き、この学習会を実施し、子ども達に寄り添っていきます。
2016.03.07 学習支援及び悩み相談等プログラムの研修会を開催します。
岩手県盛岡市周辺の5つの町で実施している子ども達への学習プログラムです。
各会場で子ども達に寄り添っているサポートリーダーや大学生などのサポーターが、
一堂に介し、課題などの情報交換を行います。
今月12日(土)午前10時~。当団体事務所にて実施します。
2016.03.05 子育て電話相談・ママパパラインいわての強化週間が始まります。
子育て中の方の悩みに電話で応じるママパパラインいわてでは、3月8日(火)から
12日(土)までの5日間、毎日受け付けます。
時間は、午前10時~午後2時までです。
0120-147-445までお気軽にどうぞ。
2016.02.26 安心安全な食材を提供している「らでぃっしゅぼーや」さまより寄付を頂戴しました。
「らでぃっしゅぼーや」さまは、震災発災後、会員の皆さまから寄せられた寄付金を当団体に届けるなど、
長期にわたり継続した支援を行ってくださっています。
このたび新たに、寄付を頂戴いたしました。この場を借りて心より有難うございます。
http://www.radishbo-ya.co.jp/shop/
2016.02.24 映画「きみはいい子」ぜひご覧ください。
俳優の高良健吾さんや尾野真千子さんなどが出演されている映画「きみはいい子」。
子どもの貧困や虐待と向き合い、人とのかかわりについて描かれています。
今月28日(日)盛岡市総合福祉センターで3回上映されます。
ぜひご参加ください。
2016.02.23 3daysプログラム第4期がスタートしました。
1月から東京大学の現役大学生を中心に、中学生に3日間集中的に寄り添い、勉強を教えたり
将来の相談に乗るなどの時間を大切にする「スリーデイズプログラム」。
第4期では、奈良教育大学の大学生5名も支援に協力してくださることになりました。
新たな関わりとなります。
2016.02.20 復興支援シンポジウムに当団体代表とスタッフが報告させていただきました。
東日本大震災からまもなく丸5年となります。地元の大学となる岩手県立大学主催で開かれた
「いわての教育及びコミュニティ形成復興支援シンポジウム」では、当団体の活動報告とともに
地域と学生をつなぐ大学の復興支援のあり方についてパネラーとして出席させていただきました。
http://www.iwate-pu.ac.jp/whatsnew/2016/01/2016220.html
2016.02.19 事務所周辺の地域の皆さまと鍋交流会を行いました。
昨年11月に盛岡市城西町(じょうせいちょう)に事務所を移転しました。
事務所は、一見民家です。そして立地場所も住宅街です。
地域の皆さまと共に当団体も歩を進めていきたいという思いから、このたび実施しました。
当日は、自治会の役員の方だけでなくご近所さまもお越しいただき、楽しいひとときとなりました。
2016.02.19 東海新報2月3日付、2月10日付に掲載されました 。
住田町で開かれた町制施行60周年記念式典とともに、当団体の特別功労表彰の記事が掲載されています。
https://tohkaishimpo.com/2016/02/10/86817/
2016.02.10 住田町より特別功労者として表彰されました 。
当団体では、住田町世田米中学校の校舎をお借りして、毎週水曜・金曜日の放課後、
子ども達の居場所づくりとしての学びの部屋を3年前から行っています。
このたび、子ども達の心のケアと学力向上に尽力したとして、木で作られた表彰状と記念品をいただきました。
継続は力なりをモットーに今後も子ども達に寄り添い続けていきます。
2016.02.07 子育て電話相談ママパパライン強化週間が始まります。
子育て中の方を対象に、悩みに電話で寄り添う「ママパパライン」は現在毎週木曜日に実施しています。
このたび、2月と3月に電話相談の強化週間を設けました。
今月は、15(月)~20(土)まで毎日午前10時から午後2時まで受け付けます。
お気軽にお電話ください。0120-147-445
2016.02.05 住田町町制施行60周年特別功労者として当団体が表彰されることになりました。
住田町は、昭和30年4月に町としてスタートし、このたび60年という節目の年を迎えられます。
この記念に合わせて、町では功労者として5個人9団体を表彰することとなり、
子どものエンパワメントいわても、特別功労者に選出されました。
2月9日(火)午前10時から住田町役場庁舎で記念式典が開かれます。
2016.02.01 奈良教育大学の方が陸前高田市の学びの部屋に視察にいらっしゃいました。
2月1日に奈良教育大学のセンター長さまが、学びの部屋で開催中のスリーデイズプログラムを、
視察されました。
去年までは、宮城県で学習支援をおこなっていた奈良教育大学とのコラボレーションが生まれかもしれません。
2016.01.13 らでぃっしゅぼーやさまより寄付を頂戴いたしました。
らでぃっしゅぼーやさまは、当団体発足以来、定期的に会員の皆様による寄付金を頂戴するとともに、
沿岸被災地の学びの部屋への視察にも来訪されるなど、交流が続いています。
いただいた寄付は、沿岸を中心とした学びの場づくりに大切に活用させていただきます。
心より有難うございます。
http://www.radishbo-ya.co.jp/shop/
2016.01.10 「英語の部屋」が今月16日(土)17日(日)に開かれます。
英検受験者を対象に、英語のリスニングやスピーキングなどの指導を行います。
今回は、上記の2日間、陸前高田市立第一中学校で実施します。
時間は、午前9時~12時と午後1時~4時までです。
本事業は、一昨年アメリカ留学でも支援いただいたアメリカJETプログラム基金の支援を受けています。
2016.01.07 東京大学現役大学生らによる「3daysプログラム」第1期を開催します。
このプログラムは、3日間集中的に大学生が子ども達に寄り添い、分からない宿題の悩みや
日々の何気ない相談に乗る企画です。
今回は、2月にかけて、4期にわたり開催します。第1期は、1月11日(月)~13日(水)です。
会場は、陸前高田市内の3か所となります。参加には、事前の申し込みが必要です。
第2期は、今月18日(月)~20日(水)です。
2016.01.01 明けましておめでとうございます。
新年あけましておめでとうございます。旧年中も多くの方々に支えられ、子どものエンパワメントいわては、
設立5年目を迎えることが出来ました。
震災を機に発足した団体として、今年も震災復興に携わりながら、新たな学びの場を提供できるよう
活動していきます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。